フェス参戦時の服装・持ち物などまとめ(日帰り篇)

フェスのチケットをゲットした!でもライブハウスは参戦経験があっても、フェスは初めてで不安・・・。服装は?持ち物は?会場のどこから見ればいい?知っておいた方がいいことは?と不安に思われている方のために、フェス参戦についてまとめます。

>>チケットキャンプでチケットを確保する

fes

スポンサーリンク

服装

季節・会場によって気温が大きく異なりますが、野外フェスの場合は基本的に「超暑い」にも「超寒い」にも対応できる服装を持っていってください。

例えば8月のロッキンジャパンフェスなんかではお昼は半袖+短パンで過ごしても暑いくらいですが、夜になると長袖パーカーを羽織っても寒いくらい気温が下がります。

・半袖Tシャツ(着替え用に数枚)
・長袖の羽織り物(パーカー・ウインドブレーカーなど)

持ち物

・タオル数枚(首にまけるもの・汗をふけるもの)
・地面に敷くシート
・食べ物(おにぎり・お菓子など)
・飲み物(前日凍らせておくとイイ!)
・日焼け止め
・マスク
・目薬
・帽子
・お手ふき
・汗ふきシート
・虫除けスプレー
・モバイルバッテリー
・靴(私は汚れたとき用に替えを持って行きます)
・女性は化粧品・生理用品

日焼け止めを忘れると悲惨なことになります。真夏のフェス会場では肌が真っ赤になっている男性をよく見かけます。見てるだけで痛そうでたまりません。(笑)特にヒザ、鼻、首の後ろは焼けやすいので注意です。

デリケートなお話で失礼しますが、女性は生理用品も念のためあるといいでしょう。フェスによっては救護室に置いてあったり買ったりすることもできるそうです。備えあれば憂いなしです。

昨年、ジャパンジャムビーチ、ラッシュボール、ロッキンで大規模な砂嵐が起きたことで、数日喉のイガイガが止まらなかったという話も聞きました。

そういった砂被害が心配な方はマスクを持っていきましょう。暑い中マスクをつけるとさらに暑くなりますが、砂ぼこりがひどい場所だけでもつけていると防げますからね。

雨対策もばっちりしておこう!

フェスが開催される場所や季節上、スコール的に急にザーッと雨がふることが多いです。特に京都大作戦なんかは毎年豪雨にみまわれ、「田植えフェス」とか「どろんこフェス」なんて呼ばれたりもします。(笑)

雨が降ると思わぬ惨事になりかねませんので、対策グッズもしっかり持っていきましょう。

・着替え
・靴
・靴下
・カッパ
・傘(会場内では禁止がほとんどですが、会場外で使うことがあると思いますので)
・帽子
・ジップロック(スマホを入れる)

個人的に、雨のときは必ずツバありの帽子(キャップ)を被るようにしています。そうすることで、顔に雨がかからないのでビシャビシャにならなくて済みます♪

ジップロックは中にスマホを入れてそのまま使えるので便利とのことです!フェス会場では多く見かけます。

・・・ちなみに私は雨でも裸のままスマホを使う派です。雑です。(笑)

荷物はどうやって持っていけばいい?

大きめのリュック+ボディバッグや、大きめのリュック+ショップバッグなどが定番です。

現地で荷物はどこに置くの?

・会場内にシートを敷いて、そこに置いておく
・会場内でクロークに預けて、荷物の出し入れをする
・車で行くので、車に置いておく

だいたいこれらになると思います。

「え?シートに荷物置きっぱってやばくない?」と思われるかもしれませんが、どこのフェス会場でも、シートゾーンにシートを敷いて荷物を置きっぱなしにしている状態はいくらでもあります。嫌というほど見られます。(笑)

治安のいい日本だからできることだな~・・・といつも思っています(笑)私もだいたいシートに置きっぱなしにしていますが、物を盗られたことはありません。

しかし、「間違って持って帰られた!」とか「盗られた!」という可能性はゼロではないことを念頭においておきましょう。

盗られるのが心配な方はクロークに預けることをおすすめします。1日500円~1,000円ほどで預けられます。会場によっては「出し入れ可能なクローク」、「1度出したらもう預けられないクローク」が分けられていたり、どちらか片方のタイプしかないところがあります。

参戦するフェスのホームページで確認してくださいね。

ライブを見ている間は何を持てばいいの?

・手ぶら
・貴重品のみ持つ

が定番スタイルです。

多いのはボディバッグに財布・携帯・お金・小さいペットボトルなどを入れて持ち歩くスタイルです。盗難の心配をすることなくライブが楽しめますし、すぐに荷物が取り出せて便利です。

「モッシュにぶっこむぜ!」「ダイブするぜ!」なロックキッズさんは手ぶらの方もいらっしゃいます。ジップポケットのあるズボンがあれば、ポケットに貴重品などを入れておけるので手ぶらで動けますね。

体調管理をしっかり!

さっきまで暑かったのに急に寒くなったり、雨が降ったり、長距離の移動で思っている以上に体力が消耗したりするものです。普段のライブよりも体調管理に気をつけましょう。

特に野外での夏フェスでは熱中症で運ばれる人もよく見かけます。十分な水分補給を心がけてください。少しでも体がだるい・しんどいと思ったら休憩するようにしてください。

トイレは早めに!

これもフェスによりますが、基本的にどの会場もトイレは長蛇の列になります(特に女性)。長いと30分以上並ぶことになり、見たいステージも見れなくなるかもしれません。

そうなることがないように、時間があるときにトイレに行っておきましょう。また、会場の中でも比較的空いているトイレがあるはずですから、そこを覚えておくと便利ですよ。(やはりステージに近いところは混みますしね)。

これからフェスシーズン真っ盛りです!みなさまぞんぶんにフェスを楽しんでくださいね!!

スポンサーリンク

Share this article

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です