邦楽ロック(スタンディング)のライブ参戦時の服装・持ち物・心構えまとめ

チケットをゲットした!でもでも服装は?持ち物は?会場のどこから見ればいい?知っておいた方がいいことは?と不安に思われている方もいるかもしれません。

そんな方に向けて、邦ロックのライブに参戦する際の服装・持ち物・心構えなどについて詳しくまとめます。

まだチケットを確保していない人や、完売ライブのチケットをゲットしたい人はチケットキャンプで!
>>今すぐチケットキャンプを見に行く

live-kankyaku2

スポンサーリンク

参戦時の服装

スタンディングなので、基本的に動きやすい格好を意識してください。

靴はスニーカーなど、もし誰かの足を踏んでしまっても大丈夫なものにしてください。

定番スタイル:Tシャツ+ジーパン

絶対に間違いない、定番スタイルです。

参戦するアーティストグッズのTシャツを着用するとテンション上がりますし、より会場に馴染めますよ!

定番スタイル:Tシャツ+ショーパン

女性はこのスタイルの方も多く見られます。

下にタイツ・レギンスを履いて調整することもできて便利です♪

上級者スタイル:Tシャツ+ディッキーズ(ディッキ)

g19tG

ディッキーズというブランドから発売されているズボンのことで、邦ロックが好きな人たち(=ロックキッズ、ライブキッズなんて呼ばれています)がよく着用しています。

10代~20代の若い人たちが着用していることが多いです。会場やフェスによってはほとんどディッキしかいない・・・!なんてこともあります。(笑)

参戦時の髪型

女性はヘアスタイルも気にかけておく必要があります。後ろの人がステージを見たときに、邪魔にならないような髪形にしましょう。

定番:ポニーテール

多く見られるヘアスタイルです。盛り上がって暴れても自分にも他人にも邪魔にならないので、オススメです。

定番:2つくくり

頭の低い位置での2つくくりをオススメします。これも、邪魔にならないのでいいですね。

NGな服装・髪型

check02服装
・スカート、ロングスカート
原則スカートはNGです。中が見えてしまいますよ。
・ヒール
人を踏んでしまいかねません。

check02髪型

・頭の高い位置でのお団子
・アップヘア
後ろの人の邪魔になります。
・ロングヘアをくくらないままでの参戦
V系ならこれでいいのですが、邦ロックでは嫌われます。

ライブについて

ライブ参戦の流れ

当日会場につく

(グッズを購入する)
(着替える)
(コインロッカーに荷物を預ける)

整理番号順に並ぶ

会場に入る

※グッズを買いたい場合は事前にグッズ販売時間を確認しておきましょう。

アーティスト、ライブによっては限定グッズが発売される場合もあり、「始発で行ってグッズ列に並ぶ!」という人もいます。(限定イベント、バースデーライブなど)

開場時間:会場に入場開始する時間
開演時間:ライブ開始時間

ライブにもよりますが、開場時間の1時間~30分前から整理番号順に整列が始まります。これに並べなくても会場に入れないことはありません。

しかし、これを逃してしまうと、早い整理番号をもっていても後から入場することになります。

「絶対に整理番号通りに並んで入りたい!」という方は、余裕を持って会場に向かうことをオススメします。

荷物・持ち物はどうするの?

スタンディングの場合、他の方の邪魔になってしまいますので、基本的に荷物を持ち込むべきではありません。会場や駅のコインロッカーに預けることをオススメします。

ロッカーは駅周辺・会場の外・会場の中にあることが多いので、基本的に全部埋まることはほとんどないと思います。しかし慣れないうちは会場の近くのロッカーをいくつか調べておいて実際に場所を確認しておくと、埋まってしまっていたときの助けになります。

会場にはボディバッグにチケット・小銭入れなどを入れて参戦する方と、全力で暴れるために手ぶら(ポケットにチケットなどを入れる)の方がいます。

ボディバッグとは、こんな感じ。

ちなみにこれはディッキーズのボディバッグです。こちらで買えますよ♪

Dickies

会場に持って入るもの

・チケット
・ドリンク代500円(会場によっては600円のところもあります、チケットに記載してありますので確認してください)
・お金(数千円持っていると、何かあったときでも安心です)
・タオル(首にかけるのがなくさないのでおすすめ)
・飲み物(小さめのペットボトル)

ライブを見る場所はどうしよう?

live-kankyaku

アーティストにより会場の雰囲気も大きく変わります。あくまで個人的な意見ですが、初参戦なら、前方すぎず、後方すぎずな場所で見るといいかと思います。

なぜなら、前すぎるとモッシュや圧迫が苦しい、後ろすぎるとあまり盛り上がりを感じないかもしれないからです。

最前列
・アーティストにもよりますが、基本的に最前列はすぐ埋まります。整理番号が早くないと最前列は取れないと考えておくといいでしょう。

前方
・アーティストの近くで見たい人が多いので、前方も早くに埋まりやすいです。
・サークルモッシュや激しいモッシュなどが発生することがあります。巻き込まれたくない、ゆっくり見たい場合は避けた方がよいでしょう。
・ライブが始まる瞬間、中盤から前方へとわーっと押されることがあります。(ほとんどのライブがそうだと考えていたほうがいいです)圧迫に注意してください。
・アーティストによってはダイブ(上を人がころころ転がる)が発生することもあります。京都大作戦、DED POP FESTIVALに出演しているような”ゴリゴリ系”は基本モッシュがおこり放題だと思っていてください。

中盤
・わりかしゆったり見たい方が多いです。
・会場によっては中盤付近でサークルが起きるときもあります。

後方
・初めての参戦で雰囲気を見たい人、ゆったり見たい人が多い印象です。
・体調が悪いとき、モッシュに混ざりたくないときにオススメします。
・逆に盛り上がらなさすぎて、手を挙げるのでさえ恥ずかしいと感じることもあります。前方と後方では同じライブでも雰囲気がガラッと変わることがあります。

ライブハウスでは「ドリンク」制度があります

ライブハウスでのライブでは必ずドリンク代を支払い、ドリンクと交換するためのチケットやコインを貰います。そしてライブ開始前~ライブ終了後のいつでもかまいませんので、そのチケット・コインとドリンクを交換します。

ドリンクの種類はライブハウスによってまちまちです。基本的にペットボトルのお水・お茶・オレンジジュース・スポーツドリンク・コーラ・お酒類(特にお酒は会場によって大きく種類が変わります)などです。

交換のタイミングですが、ライブ前だと空いていて交換がしやすいです。しかしライブ途中にトイレに行きたくなりやすくなりますし、何より飲み物を常に持っていなければなりません。

ライブ後はドリンク交換でかなり混み合います。終電などですぐに会場を出たい!という方は、ライブ後の交換はおすすめしません。

以上、ライブ初参戦の方へ送るまとめでした。

初めは不安でいっぱいかもしれませんが、一度ライブに行くとだいたいの雰囲気がつかめますよ!どうぞライブを思いっきり楽しんできてくださいね!!

チケットがまだ手に入っていない・・・という方は、チケットキャンプでゲットしてみてはいかがでしょうか?

>>今すぐチケットキャンプを見に行く

また、当サイトではチケキャンを安心、安全に使うための情報をたっぷりまとめています。よければ参考にしてみてくださいね!

【こちらの記事もオススメです】

チケットキャンプ(チケキャン)って違法?ダフ屋との違いは?
「チケットキャンプ」や「チケキャン」と検索すると、「チケットキャンプ 違法」と出てきて、「えっ?チケットキャンプって違法なの?これ...
スポンサーリンク

Share this article

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です