ライブでの最前問題と対策を考える。

最前。ライブ好きにとってこんなに甘い響きはないでしょう。しかし、その「最前」の世界では戦争が起こっています。皆様も1度は闘ったことがあるのではないでしょうか?

今回は「チケット事情」からは少し離れ、ライブでの最前問題とその対策を考えたいと思います。

最前問題

スポンサーリンク

最前が取れる整理番号

会場によるので一概には言えませんが、

キャパ300~500の会場⇒1番~10番
キャパ1000~2000の会場⇒1番~25番

くらいまでかな、と思います。

良番チケットを持っていても後から入場する、という人もいます。ですので、もう少し遅い番号でも最前が取れることもあります。

最前問題:相方キープ

もう、あるあるですよね(゚Д゚)笑

だいたいは2人組。1人が良番を持っているから、後から入ったもう1人を入れてあげる、というヤツです。

この「相方キープ」、罪悪感なくしている人もいそうですね。

完全にマナー違反です。もし最前に入った人全てがキープしていたらどうなるのでしょうか・・・?また、自分が惜しくも最前に入れなかったときに、目の前でそんなことをされたらどう思うでしょうか?

対策

対策ってねぇ・・・どうしてもダメなことしか思いつかないですよね・・・。(笑)

「モッシュするたびに潰してやる!」

とか

「全力で足を踏む。」

とか、結構聞きますし、どうしても怒りにまかせてやりたくなるかもしれません。

でも、そこはグッとこらえましょう。彼らみたいな卑怯な人と、同じ土俵に立ってはいけません。

汚いやり方でオイシイ思いをする人はたくさんいます。悔しいですが。

そういう人たちは、そういうやり方でしか幸せを得られないのでしょう。

悲しい人たちだーと思って、きっといつかバチがあたると思って、グッとこらえましょう。

でも、あまりに悪質な場合は、スタッフさんに訴えましょうね。

最前問題:割り込み

あるあるあるあるー!(笑)

ライブが始まる前からどうどうと割り込む人、ライブが始まってモッシュに合わせて割り込もうとする人、いくらでもいます。

柵のほんの数センチの隙間に手を伸ばしてぐいぐいくる人、イマスヨネー。

そういう人は、割り込みの常連だったりします。
そうすれば最前に割り込めることを知っているので、しれっと2列目で待っていたりします。

対策

1人だとなかなか難しいかもしれませんが、ライブ開始前~ライブ中、できるだけ隣の人と協力して割り込ませないようにしましょう。

後ろに悪質な割り込み魔がきたら、隣の友人と肩をぴったりくっつける、くらいしたほうがいいです。

人はなぜ「最前」に行きたがるのか

考えられる理由は、以下の通り。

  • アーティストの近くで見られるのが嬉しいから
  • 前に障害物がなく、ステージが見やすいから
  • 目の前で行なわれる演奏・演劇などの臨場感・迫力が違うから

だいたい、このような理由だと思うんですよね。

私も先日、久しぶりに小さなキャパの会場で「最前」が取れたのですが、後ろの方で見るのとはまた迫力が違いました。

目の前の人たちの動作が全てダイレクトに伝わってくる。
口の動きだったり、目線だったり、声色だったり、汗だったり。
そういうアーティストの細かい部分も完全に見ることができるんですよね。

そりゃあもう迫力が違いました。

でも、こうも思ってしまったんです。

「あわよくば、こっちを見てくれるんじゃないか」と。

私は普段、あまりギュウギュウに狭いスペースにいるのが好きではないので、たいがい真ん中~後方でゆるく楽しむスタイルなのです。

ライブが始まったら、真ん中の人たちがドッと前に押すことがあるじゃないですか?
その押したことで空いたスペースにいる感じです。(笑)

なので最前とは縁遠い人間だったのですが、ひっさしぶりに入ってみて、邪念がわいてしまったんです。

「目があうこと」に喜びを感じてしまうという、。

もちろん、悪いことではないと思うんですよ。

大好きなアーティストが目の前にいて、おそらく自分と目が合っている。
自分にファンサ的なことをしてくれる。嬉しくてしょうがないです、もちろん。

でもね、私は、ライブの楽しみ方が全部ひっくりかえるような、そんな気分になりました。

音楽ももちろん楽しんでいるんだけど、音よりも、目の前の人たちに集中してしまう、というかね。

音楽に「正しい楽しみ方」も「間違った楽しみ方」もないんですけれどね。

私は自分が音楽よりもアーティストを見ることに集中してしまって、それはそれですごく楽しかったけれど、ものすごく違和感でしかなくて。

なので、もう最前に入ることはないです。全席指定とかじゃない限り。

1番とかきたら・・・迷っちゃうかな・・・(笑)

あくまで私の考え方ですよーー。

「見られたい」人たち

さっきの私の話とかぶる部分がありますが、これ、本当その通りだと思うんですよね。

最前だけじゃないけれど、最前に入ると「見られたい欲」が余計に出てしまうと、思うんですよね。

見られたいと思うと、つい野次ったり、派手なことや他人に迷惑をかけるようなことをしてしまう。周囲に気を遣うよりも、自分の願望を優先してしまう。

だから、最前問題は起こると思うんです。

「いま良番チケットを持っていて、最前狙おうか迷っている」と言う方、この記事を見たら狙うことを迷うかもしれませんね(笑)

でも、悪いことばかりではありませんし、いつどこのライブでのこのようなことが起こる訳ではありません。

前述の通り、臨場感、迫力、リアルタイム感、すごいです。
最前~3列目くらいにいないと気づけないこともあるでしょう。 足元の変化とかね、そういうのは前にいないと見れない。見難い。

最前だとエフェクター何使ってるかとか、踏むタイミングとか見れますからね。バンドしてる人はより面白いと思います。

なので、怪我には気をつけて、どうぞ楽しんできてくださいね。

そして最前戦争でお疲れの皆様、ライブが終わったらどうぞゆっくりお休みくださいね。

汚いことをする人には、絶対バチがあたりますから。

スポンサーリンク

Share this article

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です