チケットキャンプの「チケット代金別途」表記に要注意!

出品されているチケットの詳細ページを見ると、「チケット代金別途」と書かれてあることがあります。購入前に必ず確認するようにしましょう。

これを見落としてしまうと、想定していたチケット代金よりも多く支払うハメになってしまいます。

>>今すぐチケットキャンプを見に行く

PAK85_obierurisusan1335-thumb-1000xauto-16400.jpg

【こちらの記事もおすすめです】

【随時更新】チケキャンでトラブルはない?詐欺は?安全?実際のトラブルまとめ
いくら安心と言っても、トラブルは・・・? チケキャンで検索すると、「チケキャン トラブル」というワードも出てきますよね。安心決済...

「チケット代金別途」=「チケット発券番号の出品」である

チケキャンでの出品画面では、下記の通り「チケット代金別途」と書かれているはずです。
securedownload.png

例えば上の画像であれば、「チケット代金別途」の表記と共に1枚1000円で出品されていますので、チケット発券番号を1000円でお譲りします、ということです。

そして重要なのが、その発券番号を使って自分でチケットを発券する必要があります。(=チケット代を自分で支払う、ということ)。

まとめますと、ここでかかる費用は(手数料は含んでいません)、
1000円(チケット発券番号代)+チケット代金ということになります。

「チケットが1000円で出品されてる!ラッキー!」と思って落札してしまうと、痛い目を見ますので注意しましょうね。

「詐欺だ!」と言っている人を見かけますが・・・

代金別途の表記を見落として「1度チケット代を支払ったのに、またお金を支払えと言われた!詐欺だ!」と言っている方をSNSでまれに見かけます。

売り手は偽りなく正しい出品をしていますし、完全に買い手の見間違いです。買い手に「詐欺だと思うのでお金を返してください」と言っても返してくれることは有り得ません。

落札する際は十分に注意しましょうね。

代金別途で出品する歳も要注意

購入時だけではなく、出品時も要注意が必要です。

もし、代金別途1枚1,000円で出品したつもりが、代金別途表記をし忘れていたとします。すると「チケットそのものが1枚1,000円で出品されている」ことになりますので、一瞬で買い手がついてしまいます。

おそらくここで1枚1,000円で譲ってしまう人はいませんでしょうから、あなた側から取引キャンセルをしなくてはなりません。

しかし、出品者側からのキャンセルはチケット本体金額全額をチケットキャンプに支払わなければなりません。数千円であっても無駄なになってしまうのは本当に勿体ないことです。

ですから、出品する際も「代金別途」に必ずチェックを入れたかどうか、念入りに確認してくださいね。



Share this article

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です