チケットキャンプの「チケット代金別途」についてのまとめ【要注意】

チケットキャンプで出品されているチケットには、「チケット代金別途」と記載されているものがあります。このチケット代金別途について、詳しくご説明いたします。

「チケット代金別途」の意味を知っておかないと、想定していた代金より多く支払わなければならない・・・ということになりかねません。しっかり確認しておいてくださいね。

>>今すぐチケットキャンプを見に行く

チケットキャンプの「チケット代金別途」についてのまとめ【要注意】

チケット購入時に注意したいポイントをまとめた「チケットキャンプでチケット購入時の注意点まとめ(トラブル回避術!)」という記事も公開しています。こちらもぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

「チケット代金別途」とは

チケット代金別途とは、「チケットを発券する権利の出品」のことです。

チケットキャンプでのチケット代金別途

チケットの出品画面では、「※チケット代金別途」と必ず表示があります。

チケット代金の計算方法

さきほどの画像を例に、ご説明させていただきます。

「チケット代金別途」の表記と共に、1枚1000円で出品されていますよね。これは、チケット発券番号を1000円でお譲りしますということです。

つまり、あなたが支払うべき代金は、1000円(先ほどのチケット発見権利代)+チケット本体代金、ということになります。

チケット代金別途でのチケットの扱い

通常のチケット取引であれば、チケットは売り手から買い手(あなた)に、郵送もしくは手渡しでの受け渡しをします。ですが、チケット代金別途の場合は、売り手からチケットの発券番号を教えてもらい、自分でチケットを発券する必要があります。

チケット代金別途での「発送連絡」「受取連絡」

通常チケットの取引とは、発送連絡と受取連絡をするタイミングが異なります。

チケット代金別途での「発送連絡」

チケットキャンプのルールに則り、売り手から買い手にする「発送連絡」は、チケットの発券開始期間になってからしてください。

チケット代金別途での「受取連絡」

チケットキャンプには明記されていませんが、売り手は「チケットの発券開始期間」になってから発送連絡をすることになっていますので、買い手も「チケットの発券を終えた段階」で受取連絡をするのがベターでしょう。

チケット代金別途でのキャンセル

チケット代金別途商品のキャンセルを行う際は、キャンセル処理をする際に、売り手から事務局への確認が必要です。売り手からチケットキャンプに連絡をすることで、チケットキャンプ事務局がキャンセル処理を行ってくれます。

チケット代金別途に関する注意

買い手だけでなく、売り手も注意すべき点があります。チケットの出品時、「代金別途」にチェックを入れ忘れないようにしましょう。

チケットキャンプでのチケット代金別途

もし、代金別途1枚1,000円で出品したつもりが、代金別途にチェックをできていなかったとします。すると「チケットそのものが1枚1,000円で出品されている」ことになりますので、一瞬で買い手がついてしまいます。

即落でなく通常チケットの場合なら、買い手からの購入申請を拒否すれば、トラブルにならずに済みます。

しかし、即落で出品していた場合、申請を承認する工程を飛ばして、すぐに取引成立となってしまいます。取引が成立してしまうと、チケットを取り戻すためには、あなた側から取引キャンセルをしなくてはなりません。

売り手側(あなた)からのキャンセルは、チケット代金の100%をチケットキャンプに支払う必要があります。数千円であっても、お金が無駄なになってしまうのは本当に勿体ないことですよね。

ですので、チケットを出品する際「代金別途」にチェックを入れたかどうか、念入りに確認してくださいね。

以上、チケットキャンプでのチケット代金別途についてご紹介いたしました。

>>今すぐチケットキャンプを見に行く

スポンサーリンク

Share this article

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です