【海外の反応】DeNA 大量10選手に戦力外通告 乙坂、中井、飯塚、武藤ら



DeNAは5日、乙坂智外野手、中井大介内野手、飯塚悟史投手ら10選手に対し、来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。

 乙坂は左の代打で勝負強さを発揮するなど、通算468試合に出場。だが、今季途中に新型コロナウイルス対策の球団ルールを違反したとして謹慎となり、その後はファームの試合に出場していた。通算468試合の出場で、打率・211、10本塁打、53打点だった。

 中井は巨人を戦力外となり、DeNAに加入。3シーズンプレーしたが、今季は12試合の出場にとどまっていた。

 飯塚は17年にプロ初勝利を挙げ、18年も1勝。本格派右腕として期待されたが、故障にも苦しみ、成績が伸び悩んだ。

 武藤は中日から加入し、中継ぎ右腕として19年には31登板。今季は登板がなかった。風張はヤクルトを戦力外となり、5試合に登板したが、防御率7・71と結果が出なかった。

 三浦監督が今季から就任したチームは、開幕から低迷。巻き返しへ、10選手に戦力外通告をする決断を下した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。