【世界に衝撃を与えた試合】サッカー日本代表、強豪ベルギーに3-2で勝利 2013



【世界に衝撃を与えた試合】サッカー日本代表、強豪ベルギーに3-2で勝利 2013
サッカー日本代表は11月20日早朝、ベルギーとアウェーで国際親善試合を行った。ベルギー代表はアザール(チェルシー)、フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド)などヨーロッパで活躍する選手を集めた強豪。16日のオランダ戦に続き、中2日という厳しい日程の中、3対2(前半1対1)で日本が勝利した。

前半15分、カウンター攻撃を受け、GKの川島が飛び出したところをかわされてミララに先制される。しかし前半37分に右サイドから酒井宏樹のクロスを柿谷が頭で合わせ1点を返すと、後半8分、左サイドをパスワークで崩して本田が右足で逆転ゴールを決める。良い流れの中、さらに後半16分、右サイドから長谷部が持ち込んだボールを柿谷が落として岡崎が右足で追加点。2点差とする。

その後、相手の前線からの守備に苦しみ、後半33分にアルデルヴァイレルトにコーナーキックから頭で合わされ1点差に迫られると、ボールを支配され押し込まれる展開が続いたが守り切って勝利した。柿谷が1ゴール1アシストの活躍だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です