2019ラグビーW杯抽選会を前に京都・下鴨神社で蹴鞠



アジア初開催となるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグ組み合わせ抽選会を前に10日午前、各国のチーム関係者らが世界遺産の下鴨神社(京都市左京区)を訪れた。
 同神社は、明治43年に境内の「糺の森」で、慶応義塾(現慶応大)の学生が旧制三高(現京都大)の学生らにラグビーを教えたことから、関西におけるラグビーの発祥の地とされる。
 石碑前では京都蹴鞠保存会のメンバーらが蹴鞠を披露。各国のチーム関係者らも参加し、華麗な足技を見せた。また、ラグビーボール型の大型絵馬に記名し、大会の成功などを祈願した。
 抽選会は10日午後5時から京都迎賓館(同市上京区)で行われ、日本代表を含む出場20チームの1次リーグの組み合わせが決まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。