【動画】サッカー日本代表がオーストラリアに勝利も「チャント」で非難殺到



埼玉スタジアムで10月12日に開催された サッカー W杯アジア最終予選の 日本対オーストラリア戦で、
一部の観客のマナーが問題になっています。

日本は1勝2敗で崖っぷちの中、アジア最終予選4試合目でオーストラリアと対戦。
前半8分に先制するも その後に 追いつかれましたが、終盤にオウンゴールで勝ち越し。
日本はオーストラリアに 2対1で 勝利しました。

最終予選突破に希望をつなぎ、多くのサポーターが歓喜に沸きましたが、
ネット上では、埼玉スタジアムで応援していたサポーターのマナーに対する批判の声があがっています。

日本サッカー協会は、新型コロナウイルス感染リスクを減らすため、拍手や手拍子は容認されている一方、
飛沫や 接触を減らす観点から、チャントをはじめ歌を歌うなどの声を出しての応援、ハイタッチや腕組み、
応援の扇動などは禁止行為となっています。

また日本代表の森保一監督が試合後、ゴール裏に歩み寄り、サポーターへ「ありがとうございます!」と感謝の挨拶をしたシーンでは、
サポーターらが「森保コール」や 大声でのレスポンスをする姿もありました。

ネット上では、ルールを顧みない一部のサポーターによる行為に対し批判の声が上がっています。

#サッカー日本代表
#ワールドカップアジア予選
#日本、オーストラリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。