ダッシュコインの将来性

世界に多く出回っている仮想通貨だが、その中にダッシュコインという通貨がある。まだ日本の取引所ではあまり扱われていない通貨なので、今後の将来性に期待ができる通貨の1つだ。

匿名性の高い通貨

現在世界には多くの仮想通貨が流通しているが、その1つにダッシュコイン(DSH)という通貨がある。ダッシュコインはまだ日本の取引所ではあまり扱われていないが、それだけに今後取り扱われるようになれば将来的な値上がりも期待できる通貨だ。海外取引所の中ではXProMarketsなどが扱っている。

ダッシュコインは2014年にバイトコイン(BCN)という別の仮想通貨から分裂して生まれた仮想通貨。特長として匿名性が高いことがあり、他の通貨に比べて取引のプライバシーが高いレベルで保たれるようになっている。

なおほぼ同じ名前のダッシュ(DASH)という仮想通貨があるが、これは略号もDASHであり別の通貨である。

ダッシュコインはバイトコインから分裂して生まれた。

マイニングが簡単

ダッシュコインにはクリプトナイト(CryptoNight)という技術が採用されている。クリプトナイトの技術によってマイニングが簡単にできる。マイニングとは自分のコンピュータのリソースを仮想通貨の売買処理に提供し、代わりに少額の報酬を受け取る行為。

ビットコインなど他の仮想通貨の場合、マイニングをするためにはコンピュータ本体以外にGPUやグラフィックボードといったものが必要になる。一時期はマイニングブームのためにグラフィックボードが品薄になり、価格が高騰したこともあった。

しかしダッシュコインの場合はクリプトナイトがあるため、GPUやグラフィックボードなしにパソコンだけでもマイニングに参加することができる。

マイニングに必要なグラフィックボード。

速い処理速度

ダッシュコインはバイトコインにも使われているクリプトノート(CryptoNote)という技術が使われており、これによって速い取引処理が可能となる。取引処理の速度はビットコインの数倍にもなると言われる。またダッシュコインの特長である高い匿名性も、クリプトノートの技術によって実現されている。

ビットコインはすでに世界的に知名度が上がっており、同時に価格も500万円など非常に高くなっている。しかしビットコインがまだ知名度が低い時は価格が数万円程度だったので、その頃買っていれば大きな利益になっていた。

ダッシュコインも同様にまだ知名度が低いうちに買っておけば、将来の値上がりが期待できる。ダッシュコインの将来性に期待するならXPro Marketsのように今でも取り扱っている取引所があるので、そういった取引所で買うことを検討してみるのがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。