2018 FIFAワールドカップ・決勝



2018 FIFAワールドカップ・決勝, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3711079 / CC BY SA 3.0

#2018_FIFAワールドカップ
#FIFAワールドカップ決勝
#モスクワのスポーツ競技大会
#サッカーフランス代表
#サッカークロアチア代表
#クロアチア・フランス関係
2018 FIFAワールドカップ 」 2018 FIFAワールドカップ・決勝トーナメント 」 2018 FIFAワールドカップ・決勝 決勝の舞台となったルジニキ・スタジアム。
2018 FIFAワールドカップ・決勝は、2018年7月15日 (現地時間)にロシア・モスクワのルジニキ・スタジアムで行われた第21回目のFIFAワールドカップ (W杯)の決勝戦である。
決勝に駒を進めたのは、フランスとクロアチアの2チームであった。
ベスト4はフランスとクロアチアの他、ベルギーとイングランドと欧州サッカー連盟 (UEFA) 加盟の4カ国で独占しており、この時点でヨーロッパ勢が4大会連続で制することが決まっていた。
フランスは2006年ドイツ大会以来3大会ぶり3回目の決勝進出で、1998年の自国開催大会以来20年ぶり2回目の優勝を目指す。
代表監督を務めるディディエ・デシャンは1998年大会の優勝チームのキャプテンであり、優勝すればマリオ・ザガロ(ブラジル)とフランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ)に次いで3人目となる「選手・監督の両方でW杯優勝を経験した人物」となる。
一方、クロアチアはフランスの優勝した1998年大会での3位がこれまでの最高成績で、初の決勝進出となり初優勝を目指すことになる。
このときのクロアチアのFIFAランキングは20位で、1993年のランキング導入以降では最も低い順位の国による決勝進出であった。
両チームの対戦はこれまで5回あるが、対戦成績はフランスの3勝2分でクロアチアはこれまでフランスに勝ったことが無かった。
両チームの初対戦は1998年7月8日に行われた1998 FIFAワールドカップ・準決勝で、フランスが2-1で勝利している(両国がFIFAワールドカップで対戦したのはこれまでこの1回だけだった。)。
他には2004年6月17日にポルトガルで行われたUEFA EURO 2004 1次リーグで対戦があり、このときは2-2の引き分けであった。
UEFA EURO 2016で準優勝した若いメンバー中心に望んだフランスは、欧州予選グループAを7勝2分1敗の1位で突破し、本戦出場を果たした。
本大会ではグループCに入り、オーストラリアとペルーに連勝して決勝トーナメント進出を決める。
(第3戦のデンマークには引き分け。)。
決勝トーナメント1回戦では19歳のFWキリアン・エムバペの2ゴールでリオネル・メッシらを擁するアルゼンチンを相手に突き放して4-3で逆転勝利を収め、さらに準々決勝ではFWエディンソン・カバーニを怪我で欠いたウルグアイを2-0で下し、準決勝では今大会最多得点を誇るベルギーと対戦、DFサミュエル・ユムティティのゴールを守り切って1-0で勝利し決勝進出を決めた。
一方、UEFA EURO 2016でベスト16入りを果たし第二の「黄金世代」とも呼ばれるメンバーで望んだクロアチアは、欧州予選グループIで6勝2分2敗とアイスランドに次ぐ2位でプレーオフに進み、ギリシャを2戦合計4-1で下して本戦進出を決めた。
本大会では欧州予選を戦ったアイスランドと共にグループDに入り、ナイジェリア、アルゼンチン、アイスランドに3連勝して決勝トーナメント進出を決めた。
決勝トーナメントでは1回戦のデンマーク、準々決勝のロシアの両相手に延長の末PK戦で下して勝ち上がり、準決勝では得点ランキングトップのハリー・ケインらを擁するイングランドを相手に3試合連続の延長戦にもつれ込むも、延長後半にFWマリオ・マンジュキッチのゴールで逆転勝利を収め、前評判を覆して初の決勝進出を決めた。
なお、決勝トーナメントで3試合連続で延長戦を戦って決勝進出を決めたチームは初めてである。
両チームとも、ベストメンバーをそろえた一戦で序盤から攻勢に出たのは決勝トーナメントでフランスよりも1試合分(90分 = 延長戦30分×3)長く戦っており、しかも準決勝からの日程もフランスより1日短く、コンディション面で不利と目されていたクロアチアだったがフランスの体を張った守備の前に決定機に持ち込むことは出来なかった。
すると前半18分、フランスが右サイドでフリーキックを得ると、FWアントワーヌ・グリーズマンがゴール前に放ったクロスボールに対しクリアを試みたクロアチアのFWマンジュキッチの頭に触れたボ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。